つなんち おセンチ
本名です。(両親がマグロ好き)
-

HOMEmailTwittermixispec



name つな
sex F
blood AB
photo つなまにあ
p-video フラッティの系譜
contact mail
more mixi / blologue
pick up 短編小説
スクープ
つなシネマ
聞いて!
ブロとも限定
banner
annex
nazo


つなとブロともになる

FC2ブログ以外の方は
メールでお知らせ下さい。
ブロとも記事はプライベートな内容であり写メもそのままUPしていますので知人やお会いした方またはブログを通じて親しくさせていただいている方以外の方には申し訳ありませんが公開しておりません。ご了承下さい。

-

フリーエリア


QRコード

QR

-

つな、数分の間に2回もおセンチになる。
鳥打峠の下りに差し掛かって間もなく、大きな柿の木を左に見ながらカーブを立ち上がったら正面に海が見えてきます。流木の小枝で砂浜に相合傘を書いてたらいきなり後ろから抱きすくめられたあの海です。

車の窓を開けて潮風に髪を預けているとあれからもう5度目の金木犀が微かに香っています。目印の松乃荘の看板を右に入ってみると道が舗装されててあの頃の風景と趣は違っていたけれど記憶を頼りに辿り着いた駐車場は昔のまんまで錆付いた船すべりの脇に並べられたスノコの上に修繕を待つ網が積み重ねられています。その網にタイヤが掛からないように車を止めてスカートに溜まったポテトチップスの破片を車内へこぼさないように体を曲げたまま車を降り、ヘソが空を向くほどの背伸びをしました。

「ぶはぁ~ん」

カーディガンを持って来なかった事と砂浜を歩くにはヒールがちょっと高かった事を後悔しながら思ったより寒い風に吹かれ裸足になって海岸の西の端に見えるテトラポットを目指します。あのテトラポットを越えたところに小さな砂浜があります。流木の小枝で砂浜に相合傘を書いてたらいきなり後ろから抱きすくめられ、押し倒された勢いで集めたサクラ貝が手のひらからこぼれ落ち、「もぉー、せっかく集めたのに・・・」って照れ隠しで騒いだ唇をふさがれて、潮騒のゆりかごで身をとろかせ、月明かりを頼りにコーラで砂をかき出しながら下のクチを洗い流したあの砂浜です。

足の裏の砂を払いパンプスを履いて肩にかけたポシェットを背中に回し2メートル程に積み上げられたテトラポットを新聞紙でしばかれてハラワタが半分出たゴキブリのようにゴソゴソと、でも気持ちはタイガーマスクのリングインみたく颯爽と越え、あの浜に降り立ってみると5年前に切り取ったそのままの少しも変わらない風景が出迎えてくれたのでおセンチになりました。

おセンチになったらオシッコが弾みました。






相合傘に「つな」と書いたところであたしのオシッコは終了しました。


(オシッコ文字はブロとも限定公開)



莫山先生がサンドバッグみたいな筆で4畳半程の半紙に「憂鬱」と書いたような字になっちゃったけど逆風という猛烈なハンデの中、仕掛花火のように飛沫をしぶかせながらもここまで書けたのだからもう少し素早く中腰で移動できるように下半身の鍛錬を積めば相合傘の右側の空白の部分を埋めることが出来るわぁーと思いました。頑張って運動しよぉーと思いました。クリスマスの頃にはいいプレゼントが出来そうです。

ウンコが飛び出してもおかしくないほど下腹に力を入れて膀胱のオシッコを最後の最後まで搾り出し、オヤツばっかり食べて運動をしない昨日までの自分にサヨナラするという誓いの意味を込めて、里芋の葉っぱに溜まった露を振り落とすようにして相合傘の脇にピリオドを打ちました。

「ブルルン ブルルン」

昨日までの自分にピリオドを打ったらおセンチになりました。

あたし、爪の先までびっしり、び~っし~り~
あたし、爪の先までおセンチになりました。

拍手する

TOP

-


TOPICS

ランキング

人気ブログランキングへ
よろしくお願いします


iPadZine(電子書籍)

つなの小説無料ダウンロード
魂で書き殴った渾身の短編集
ご自由にお読み下さい。

エコバッグ

野望


まほうがとけない。

こちらへ引越ししました。
皆様のまほとけ大募集中。
つなの独断で掲載中
詳細
投稿


読者セレクション

あたしは一言も喋っていないのにが新しくランクインしました。ご投票ありがとうございました。


一話完結短編小説

一話完結の短編小説を始めました。そのことであなたの人生観が変わったとしてもあたしには謝る用意はないけれどハートを射抜かれて恋の魔法がかかっちゃったらフカフカのソファーで脚を組みかえる的なカウンセリングはやぶさかじゃないわよ。

全ての小説を一気に読む

-

-

検索ランキング

レンタルCGI

-

Special Thanks
背景画像:気まぐれ堂