つなんち その時間のカツカレーのアリバイなら証言出来る
本名です。(両親がマグロ好き)
-

HOMEmailTwittermixispec



name つな
sex F
blood AB
photo つなまにあ
p-video フラッティの系譜
contact mail
more mixi / blologue
pick up 短編小説
スクープ
つなシネマ
聞いて!
ブロとも限定
banner
annex
nazo


つなとブロともになる

FC2ブログ以外の方は
メールでお知らせ下さい。
ブロとも記事はプライベートな内容であり写メもそのままUPしていますので知人やお会いした方またはブログを通じて親しくさせていただいている方以外の方には申し訳ありませんが公開しておりません。ご了承下さい。

-

フリーエリア


QRコード

QR

-

その時間のカツカレーのアリバイなら証言出来る
昨日、猿のように摘んでは食べ摘んでは食べたブルーベリーは明らかに今までの人生で食べたブルーベリーよりも多い量で、もしもその場が1分間にブルーベリーを何個食べれるか選手権の会場だったとしたらチンパンとのメダル争いになってたと思われ、その結果、今朝ほどブルーベリー100%のウンコが出ました。

色、艶、香りと三拍子揃ったジューシーなウンコで、そこにリッツがあったらあやうくパーティーになるところでした。

ブルーベリーが滝のように出ている最中に途中一回栓をしたようにつかえたのは喫茶コーナーで食べたカツカレー
だなと思いました。なぜならその栓のようにつかえたウンコがせり出たあとを追いかけるようにブルーベリーが飛び出した事実と照らし合わせてみて、お昼直前から一心不乱にブルーベリーを食い始め、ひときりブルーベリーを堪能した後喫茶コーナーでカツカレーを食べ、その後再び一心不乱にブルーベリーを食いまくった時系列とも一致。


クリックしてね
いつも応援ありがと☆
TOP

-


TOPICS

ランキング

人気ブログランキングへ
よろしくお願いします


iPadZine(電子書籍)

つなの小説無料ダウンロード
魂で書き殴った渾身の短編集
ご自由にお読み下さい。

エコバッグ

野望


まほうがとけない。

こちらへ引越ししました。
皆様のまほとけ大募集中。
つなの独断で掲載中
詳細
投稿


読者セレクション

あたしは一言も喋っていないのにが新しくランクインしました。ご投票ありがとうございました。


一話完結短編小説

一話完結の短編小説を始めました。そのことであなたの人生観が変わったとしてもあたしには謝る用意はないけれどハートを射抜かれて恋の魔法がかかっちゃったらフカフカのソファーで脚を組みかえる的なカウンセリングはやぶさかじゃないわよ。

全ての小説を一気に読む

-

-

検索ランキング

レンタルCGI

-

Special Thanks
背景画像:気まぐれ堂