つなんち 最近のつなピグ事情
本名です。(両親がマグロ好き)
-

HOMEmailTwittermixispec



name つな
sex F
blood AB
photo つなまにあ
p-video フラッティの系譜
contact mail
more mixi / blologue
pick up 短編小説
スクープ
つなシネマ
聞いて!
ブロとも限定
banner
annex
nazo


つなとブロともになる

FC2ブログ以外の方は
メールでお知らせ下さい。
ブロとも記事はプライベートな内容であり写メもそのままUPしていますので知人やお会いした方またはブログを通じて親しくさせていただいている方以外の方には申し訳ありませんが公開しておりません。ご了承下さい。

-

フリーエリア


QRコード

QR

-

最近のつなピグ事情
現在アメーバピグへは釣りの魚をコンプする時とライフで知り合った方とピグともになるためくらいしかログインしてなくて。釣り大会も初期の頃は何でもかんでも食いついて、入賞とかまでがんばって欲しくもないアイテムをゲットした挙げ句、やれツールだチートだと騒がれてからは「ああ、参加者って子どもさんが多いんだ」と悟ってからは魚種を全てコンプしたら終了することにしているので現場に居るのは20分くらい。でも釣り自体はめちゃめちゃ楽しい。カジノも100万カジノドルを心無い人に盗まれ(チート)てからやる気が失せ、カジノ大会も順位によってゲットできるアイテムが差別化されているので、まさか大の大人がお金にものを言わせてお子様の楽しみを奪うわけにもいかず、結局大会に参加しない事で解決。釣りと違ってカジノはこの大会概要が変わらない限り参加することはないと思う。そもそも今まではまったオンラインゲームはお金を使ったから有利になるっていう要素は無いものばかりで、あたし的には同じ条件で思いっきりしのぎを削って戦えて勝ち負けよりも充実感に満たされるものが好きなので、お金を使った人が勝ちだとかはちょっと勘弁。ピグ内のゲーム自体はとてもデキが良いのでそういう意味では残念。エリアでのおしゃべりも相手との時間がなかなかうまくかみ合わず少しずつログイン回数も減っている状態で、現状ピグは釣りをちびちび楽しんでるって感じ。

一方ライフはあたしが今までやってきたオンラインゲームと違ってスローな感じで競うものではないけれどマイペースで楽しめるところが心地よかったのかドップリはまってる。イベントのハードルも程よい高さで達成時の充実感がたまんない。賞品が欲しくないものであればそのイベントには参加しないでこつこつ庭いじりしてればいいし、賞品が欲しいものであれば庭をイベントクリア仕様に改造して突き進むという具合で、こう、オンオフを自分で決めて自分で行動出来る。イベントに参加しなくて暇なのかといえばそうでもなくて、ちびちび貯めたライフコインで庭を改造しているだけでも1~2時間くらいあっという間で、例えばピタッと決まらないタイルの段差だとか、ピグが思い通りのルートを通ってくれないだとかちょっと気に入らないと思う部分を工夫して直したり(直らないことも多々)、こうなってたら面白いだろうなーってことを思いついたらそれを実現させるためにどうしたらいいか考えて、あーでもないこーでもないと弄ったりして作りたい庭のイメージに少しずつ近づいていく感じがライフの醍醐味だと思ってる。訪問してくれる人が「これ真似していいですか?」とか言ってくれるとめちゃめちゃ嬉しい。

ピグにしてもライフにしてもそうなんだけど、アメーバさんの機関銃のように繰り出してくるイベントや有料無料に関わらず次々と増えるコンテンツに賛否はあると思うけど、参加するかしないかは自分たちで決めることが出来るわけだから本当に楽しいと感じるものだけ上手に参加していけば、こんなに楽しいものはないと思ってる。


クリックしてね
いつも応援ありがと☆
TOP

-


TOPICS

ランキング

人気ブログランキングへ
よろしくお願いします


iPadZine(電子書籍)

つなの小説無料ダウンロード
魂で書き殴った渾身の短編集
ご自由にお読み下さい。

エコバッグ

野望


まほうがとけない。

こちらへ引越ししました。
皆様のまほとけ大募集中。
つなの独断で掲載中
詳細
投稿


読者セレクション

あたしは一言も喋っていないのにが新しくランクインしました。ご投票ありがとうございました。


一話完結短編小説

一話完結の短編小説を始めました。そのことであなたの人生観が変わったとしてもあたしには謝る用意はないけれどハートを射抜かれて恋の魔法がかかっちゃったらフカフカのソファーで脚を組みかえる的なカウンセリングはやぶさかじゃないわよ。

全ての小説を一気に読む

-

-

検索ランキング

レンタルCGI

-

Special Thanks
背景画像:気まぐれ堂