つなんち つな、胡蝶蘭越しにブタ鼻を写メで撮られる。
本名です。(両親がマグロ好き)
-

HOMEmailTwittermixispec



name つな
sex F
blood AB
photo つなまにあ
p-video フラッティの系譜
contact mail
more mixi / blologue
pick up 短編小説
スクープ
つなシネマ
聞いて!
ブロとも限定
banner
annex
nazo


つなとブロともになる

FC2ブログ以外の方は
メールでお知らせ下さい。
ブロとも記事はプライベートな内容であり写メもそのままUPしていますので知人やお会いした方またはブログを通じて親しくさせていただいている方以外の方には申し訳ありませんが公開しておりません。ご了承下さい。

-

フリーエリア


QRコード

QR

-

つな、胡蝶蘭越しにブタ鼻を写メで撮られる。
田町に新しくできた鉄板焼きの店が評判で仕事終わりに4人で行ってみたら、ぴんから兄弟みたいな店員に案内されて一番奥の席に座らされ、鉄板をはさんでコックさんの格好をしている殿様キングスみたいな人から「岡山の向井理です」と無茶でファンキーな自己紹介をしてもらって微妙な感じが漂う中、手際よく焼かれた魚介類がまさに殿様キングス級の美味しさで
よどんだ空気が一変、ちょいちょい入れてくるダジャレも美味しい鉄板焼きを食べながらだと気の利いたスパイスの類に思えてすっかり殿様キングスの術中にはまってたらメインの黒豚が登場。

殿様キングスが秘伝だという味噌ダレをからめながら、「この黒豚は大自然そのままの環境でストレスが無く伸び伸び育てられたのでめちゃめちゃ美味しいんですよ」と誇らしげに笑顔を輝かせたんだけど、あたし、「そんなこと言っても最後はつぶして食うわけだから食肉にされる瞬間この黒豚は裏切られた恨みとか迫り来る恐怖とか、全力でストレスを感じてると思うよ」と黒豚に成り代わって一言ブタ鼻でご挨拶したところ、冒頭案内してくれたぴんから兄弟があたしら4人分のグラスワインをひとつひとつ内股で置きながら「あちらのお客様からです」と、開店祝いと思われる胡蝶蘭で仕切られた斜め向いのテーブルの野郎3人グループを上に向けた手のひらで。


クリックしてね
いつも応援ありがと☆
TOP

-


TOPICS

ランキング

人気ブログランキングへ
よろしくお願いします


iPadZine(電子書籍)

つなの小説無料ダウンロード
魂で書き殴った渾身の短編集
ご自由にお読み下さい。

エコバッグ

野望


まほうがとけない。

こちらへ引越ししました。
皆様のまほとけ大募集中。
つなの独断で掲載中
詳細
投稿


読者セレクション

あたしは一言も喋っていないのにが新しくランクインしました。ご投票ありがとうございました。


一話完結短編小説

一話完結の短編小説を始めました。そのことであなたの人生観が変わったとしてもあたしには謝る用意はないけれどハートを射抜かれて恋の魔法がかかっちゃったらフカフカのソファーで脚を組みかえる的なカウンセリングはやぶさかじゃないわよ。

全ての小説を一気に読む

-

-

検索ランキング

レンタルCGI

-

Special Thanks
背景画像:気まぐれ堂