つなんち 陽菜子、バックスペースキーでトントンと削除。
本名です。(両親がマグロ好き)
-

HOMEmailTwittermixispec



name つな
sex F
blood AB
photo つなまにあ
p-video フラッティの系譜
contact mail
more mixi / blologue
pick up 短編小説
スクープ
つなシネマ
聞いて!
ブロとも限定
banner
annex
nazo


つなとブロともになる

FC2ブログ以外の方は
メールでお知らせ下さい。
ブロとも記事はプライベートな内容であり写メもそのままUPしていますので知人やお会いした方またはブログを通じて親しくさせていただいている方以外の方には申し訳ありませんが公開しておりません。ご了承下さい。

-

フリーエリア


QRコード

QR

-

陽菜子、バックスペースキーでトントンと削除。
先週末、駅前店に配属された大型新人の陽菜子ちゃんが研修であたしらの中央町本店で二日間一緒に働くことになり、日頃よりボウリング大会、鼻フックダービー、カラオケ大会など表向き親睦会と称するイベントで火花を散らしてのつば競り合いを繰り返しているうちに田町店を含めた三店の間にはいつしか対抗意識が芽生え、勝てば乳首がブラからはみ出るほどはしゃぎ、負ければ血の小便が出るほど奥歯を噛み締めるっていう天国と地獄の境界線で何よりも勝ち負けにこだわるスタンスで、それは新人研修といえども例外ではなく、研修後駅前店に帰った彼女が「本店のスタッフは意地悪で変人でした」とかチクって駅前店のスタッフにニヤニヤされるわけにはいかんぞ、と。なんだったらこんなに素晴らしいスタッフと共に働きたいので是非中央町本店に配属替えして欲しいと言わせることが駅前店に対しての完全勝利である、と。まぁ、一致団結したところにその陽菜子ちゃんが。

先日写メ交換で顔見知りになっていたとはいえ実際に会うのは初めてで、その大きさ(身長175cm本人談)に本店スタッフ一同一瞬後ろ体重になったんだけど彼女の緊張感あふれる挨拶とスレていない初々しさに、あたし、母乳が放物線を描くほどのいじらしさを感じ程無く意気投合。しばし歓談の後、時には優しくそして時には厳しく先輩として接客業の何たるかを、ひいては素晴らしい女性になるため道しるべになれたらとの思いを本人に伝え、そして彼女もあたしらの厳しさの中にも優しさがあふれているアドバイスにキラキラ輝く瞳で「がんばります!」と、それはそれは良い雰囲気に包まれたんだけど、新人教育手当てとしてお給金にゲー万上乗せしてもらってる肝心のみどりさんがどこに行ったんか不在で。

「陽菜子ちゃんの研修を担当するみどりさんを紹介したいんだけどちょっと待ってね」とホールに出てみたら店長がリカーショップの御用聞きさんと立ち話をしてて、リカーショップの人が「みどりさんならさっき僕の取れかけてたボタンを付け直してくれた後、めちゃめちゃ笑顔であっちへ行きましたよ」と、一番上のボタンを指差しながらアゴでエレベーターホールの方向をクイクイと。

陽菜子ちゃんとエレベーターホールへ向かう道々、これから陽菜子ちゃんを指導してくれるみどりさんという人は普通の人なら気づかない取れそうになっているボタンを見つけてすぐに付け直してくれる素敵な女性であることを頭のあぶらを針先につけるタイプの針仕事パントマイムを交えることでみどりさんの素晴らしさをより心に響かせていたところ、みどりさんの女性としての気遣いの素晴らしさに感銘を受けた陽菜子ちゃんが握り締めたスマホのメモ帳にしっかりとその件を記入したタイミングでみどりさんを見つけたんだけど、野郎、ボタン付けに使ったと思われる白い木綿糸で結んだ50円玉をジュースの自動販売機に入れてる真っ最中っていう。


クリックしてね
いつも応援ありがと☆
TOP

-


TOPICS

ランキング

人気ブログランキングへ
よろしくお願いします


iPadZine(電子書籍)

つなの小説無料ダウンロード
魂で書き殴った渾身の短編集
ご自由にお読み下さい。

エコバッグ

野望


まほうがとけない。

こちらへ引越ししました。
皆様のまほとけ大募集中。
つなの独断で掲載中
詳細
投稿


読者セレクション

あたしは一言も喋っていないのにが新しくランクインしました。ご投票ありがとうございました。


一話完結短編小説

一話完結の短編小説を始めました。そのことであなたの人生観が変わったとしてもあたしには謝る用意はないけれどハートを射抜かれて恋の魔法がかかっちゃったらフカフカのソファーで脚を組みかえる的なカウンセリングはやぶさかじゃないわよ。

全ての小説を一気に読む

-

-

検索ランキング

レンタルCGI

-

Special Thanks
背景画像:気まぐれ堂