つなんち こいつらに木ノ葉の郷は任せられないってばよ
本名です。(両親がマグロ好き)
-

HOMEmailTwittermixispec



name つな
sex F
blood AB
photo つなまにあ
p-video フラッティの系譜
contact mail
more mixi / blologue
pick up 短編小説
スクープ
つなシネマ
聞いて!
ブロとも限定
banner
annex
nazo


つなとブロともになる

FC2ブログ以外の方は
メールでお知らせ下さい。
ブロとも記事はプライベートな内容であり写メもそのままUPしていますので知人やお会いした方またはブログを通じて親しくさせていただいている方以外の方には申し訳ありませんが公開しておりません。ご了承下さい。

-

フリーエリア


QRコード

QR

-

こいつらに木ノ葉の郷は任せられないってばよ
あたしな、今ナルト疾風伝にはまっててその中でも普段はエロエロで隙だらけに見えて実は伝説の凄腕忍者であり主人公ナルトの師匠でもあるジライヤが大好きで、彼が強敵をやっつけるときの決め台詞「俺があきらめるのはあきらめろ」を披露してみんなにもジライヤの凄さを分かってもらうには説明するより実演した方が伝わりやすいと思い一人二役で、こう、シュッシュっ立ち位置を替えもってジライヤが敵をやっつけるかっこいいシーンを忍びの世界の厳しくて儚い部分も織り交ぜながら寸劇仕立てで立ち回った結果。

敵忍者 「あきらめろ」(首筋に刃物をあてながら)
ジライヤ 「ひとこといいか?」
敵忍者 「聞く気は無ぇ、くたばれ」

(いつの間にか敵の後ろに回り込んで)
ジライヤ 「俺があきらめるのはあきらめろ」
敵忍者 「俺を倒しても次の刺客がまたこの郷を襲う。
敵忍者 「俺たちが忍びの世界に生きている限り平穏は無い」
ジライヤ 「なら俺がその呪いを解いてやる」
敵忍者 「き、貴様、名を名乗れ」
ジライヤ 「俺の名は・・・」

ここまでマニキュア中の手を休めて見ていたみどりさんが「特捜最前線?」と聞いてきたのは100歩譲ってまぁ許せたんだけど、これといってすることもなくあたしの熱演をガン見してたあおいちゃんが、どこをどう見たらそう見えるのか「北の国から?」と。出来る限りの低い声を出そうとして顔が邦衛似になってたあたしにも非があるとは思うけどそれにしてもあんた。


クリックしてね
いつも応援ありがと☆
TOP

-


TOPICS

ランキング

人気ブログランキングへ
よろしくお願いします


iPadZine(電子書籍)

つなの小説無料ダウンロード
魂で書き殴った渾身の短編集
ご自由にお読み下さい。

エコバッグ

野望


まほうがとけない。

こちらへ引越ししました。
皆様のまほとけ大募集中。
つなの独断で掲載中
詳細
投稿


読者セレクション

あたしは一言も喋っていないのにが新しくランクインしました。ご投票ありがとうございました。


一話完結短編小説

一話完結の短編小説を始めました。そのことであなたの人生観が変わったとしてもあたしには謝る用意はないけれどハートを射抜かれて恋の魔法がかかっちゃったらフカフカのソファーで脚を組みかえる的なカウンセリングはやぶさかじゃないわよ。

全ての小説を一気に読む

-

-

検索ランキング

レンタルCGI

-

Special Thanks
背景画像:気まぐれ堂