つなんち ハゲ多すぎ
本名です。(両親がマグロ好き)
-

HOMEmailTwittermixispec



name つな
sex F
blood AB
photo つなまにあ
p-video フラッティの系譜
contact mail
more mixi / blologue
pick up 短編小説
スクープ
つなシネマ
聞いて!
ブロとも限定
banner
annex
nazo


つなとブロともになる

FC2ブログ以外の方は
メールでお知らせ下さい。
ブロとも記事はプライベートな内容であり写メもそのままUPしていますので知人やお会いした方またはブログを通じて親しくさせていただいている方以外の方には申し訳ありませんが公開しておりません。ご了承下さい。

-

フリーエリア


QRコード

QR

-

ハゲ多すぎ
スタッフルームへ入るなりあおいちゃんがすり寄ってきて「今みどりさんと七福神を順番に言う大会をしてるんだけど」と。あと一人が思い出せず、かれこれ30分に及ぶ硬直状態から判断してそのひとりを思い出した方が勝利するっていう大事な場面なんだと。見ればみどりさんもこめかみをグリグリしながら何とかそのひとりを思い出そうと必死で。

あたし的には七福神を全部言えると思ったから、「なになに出とるん?」とまずは聞いてみたところ、あおいちゃんが「ハゲと、タイを抱えたのと、女と・・・」と。あたしが「この罰当たりが!」と一喝しているそばからみどりさんが「あと、ハゲと、鬼瓦みたいな顔のやつと、白ヒゲのと、ハゲと・・・」と。もしもこいつらがアタックチャンスのあれに出たら地元の面汚しやで。

ひとりずつ名前を紹介したところどうやら「布袋様」が出ていないあとひとりのようだったので、あたし、「ヒント出すよ」と言ってちょっと邪魔なテーブルを隅にずり寄せてからエアギター→べびべびべいびべいびべいびべいびべいべ~→目を横に引っ張る→エアギター→べびべびべいびべいびべいびべいびべいべ~→目を横に引っ張ると、少し汗をかくぐらい頑張ってヒントを出したのにみどりの野郎突然「思い出した!大福さんじゃ!」とあたしを背にして。


クリックしてね
いつも応援ありがと☆
TOP

-


TOPICS

ランキング

人気ブログランキングへ
よろしくお願いします


iPadZine(電子書籍)

つなの小説無料ダウンロード
魂で書き殴った渾身の短編集
ご自由にお読み下さい。

エコバッグ

野望


まほうがとけない。

こちらへ引越ししました。
皆様のまほとけ大募集中。
つなの独断で掲載中
詳細
投稿


読者セレクション

あたしは一言も喋っていないのにが新しくランクインしました。ご投票ありがとうございました。


一話完結短編小説

一話完結の短編小説を始めました。そのことであなたの人生観が変わったとしてもあたしには謝る用意はないけれどハートを射抜かれて恋の魔法がかかっちゃったらフカフカのソファーで脚を組みかえる的なカウンセリングはやぶさかじゃないわよ。

全ての小説を一気に読む

-

-

検索ランキング

レンタルCGI

-

Special Thanks
背景画像:気まぐれ堂